給湯器の寿命に関して

給湯器の寿命を考える

トップ / 給湯器の寿命を考える

給湯器の代金に関する情報

給湯器の寿命ってどれくらい?

給湯器の寿命は10年前後といわれていますが、5年で壊れたと場合もあれば、30年近くも故障無しで使用している家庭もあります。冬の寒い日に突然お湯が出なくなったら、洗い物や、お風呂のお湯張りなど、生活に支障をきたします。使用期間が10年を過ぎたら、寿命を考えて、例え故障していなくてもいざ壊れたときの為に、メーカーの型番や施工してくれた工務店などを再確認しておいたほうがいいでしょう。メーカーが部品の生産を打ち切ってしまったり、後継機種が存在しなかったりする場合もあるので、修理できずに買い替えしなければならなくなる場合も多いのです。また工務店によっては、給湯器の交換料金が高価になることがありますので、前もってネットで何件か検索して見積りを出して貰うことも重要です。

給湯器の一般的な寿命

お風呂などでお湯を沸かすのに給湯器は欠かせない存在です。しかし、一旦故障をしてしまうと生活に大きな影響を与えることになってきます。一般的に10年程度の平均寿命があると言われています。よって、交換してから10年程度の期間が経過していたら、買い換えを検討する必要が出てきます。買い換えにおいては、通常は取り付け工事が行われるまでに1週間程度の日数が掛かることが多いです。そのため、完全に壊れてしまってから交換しようとすると、お風呂に入れない期間が出てきてしまいます。したがって、給湯器の交換は寿命が来る前に早めに実行しておくと安心です。